市民が主人公の大阪に!みんなの力で変えていこう!

9月に入りました。汗ばむ日があるかと思えば、突然の豪雨で気温が低くなるなど、体調を崩しやすくなっております。みな様、くれぐれもご自愛ください。皆さま、熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さい。

市民の意思が菅政権を倒した!命・暮らし守らぬ自公政権・維新を衆議院選挙で倒そう!

菅、自民党総裁立候補選断念は自公政権の路線的敗北

菅首相は自民党総裁選挙の立候補断念に追い込まれました。9月末で任期を終え辞任することになります。総裁選を断念した理由は「コロナ対策に専念するため」とのことですが、これは衆議院選挙への影響を極力なくすための言い訳です。政権を放りだし、逃げたのです。これは菅氏個人の問題ではありません。本質的には菅、自公政権の路線的敗北です。コロナ対策に失敗したのです。市民の命と暮らしを守るのではなく、大企業の利益を優先し続けた菅政権に対する多くの市民の怒りと批判により、衆議院選挙による審判を待たずして政権維持ができなくなったことを意味しています。

菅内閣の支持率は、『朝日新聞』28%・『毎日新聞』26%と3割を下回り、直近の横浜市長選でも大敗北しました。不正・腐敗・政治の私物化を行い、市民をだまし続けた安倍首相が政権を放棄せざるを得なくなったことと同様です。マスコミは「ポスト菅」をめぐり、自民党総裁選にむけ岸田、河野、高市、石破、野田氏など取り上げ、〝市民が期待すること〟云々と報道していますが、これらは茶番です。結局、自民党という小さなコップの中での醜い権力争いに他なりません。自公政権の本質を見抜き、衆議院選挙で自公政権に引導を渡す時が来ました。

自民総裁選による政治空白は許されない!コロナ対策を進めよ

菅内閣の支持率激減の理由は、オリ・パラを強行開催しコロナ感染爆発から医療崩壊を招いたことへの強い批判の反映です。菅政権は科学的で有効なコロナ対策を何一つ行わず、医療崩壊によって自宅療養者(放置者)は11万8千人(8月27日厚生労働省)超へと急増。9月3日時点で全国の重症者数は2221人と過去最多を更新。医療崩壊は深刻化し、多くの市民の命が奪われています。

なぜこのようなことが起きているのでしょうか。それは安倍・菅政権や維新が、これまで推進してきた公的病院の縮小・統廃合政策を転換せず減らし続けているからです。政府は一貫して地域の少ない既存病院の「病床やりくりで対応せよ」といい続けています。一時的な財政出動で済む「ワクチン一本足打法」で、製薬会社には儲けさせますが、一番必要な公的病院の設置・拡充は継続的に財政出動が必要となるため言及せず実行しないのです。これでは何度「命と健康を守る」と繰り返したところで、結果は変わりません。

さらに菅政権は、ワクチン普及を前提に人流制限などを緩和する「ワクチン・検査パッケージ」なるものを打ち出しました。背景には6月に日本経済団体連合会の提出した要望書があります。「パッケージ」提案前日には、緊急事態宣言下でも「酒類提供可能」「イベント人数制限緩和」「GoToトラベル実施容認」などの行程表原案も発表されています。疲弊しきった経済を立て直すことは必要ですが、政府はこれまで何もしていません。10万円給付とマスク配布、飲食店を規制し罰金を科す私権制限を強化しただけです。今必要なことは、感染症対策の基本に立ち戻り、誰でも無料でいつでも何度でもPCR検査を受けられるようにし、陽性者を隔離し医療の下に保護できる医療施設の拡充と人員・機材を確保すること。そして休業を余儀なくされている中小企業や個人事業者に対して「協力金」ではなく『補償金』を支給することです。

菅政権は、4野党(立民・共産・国民・社民)の臨時国会召集要求に応じず、これを拒否しました。これは憲法53条に違反します。10月、新総理指名の臨時国会召集を待つことなく今すぐ臨時国会を召集し、コロナ対策に必要な補正予算を成立させるべきです。憲法違反を犯し権力を守ろうとする愚かな菅政権は、必然的に倒されたのです。

衆議院選挙で自公政権・維新を倒そう!

維新・松井市政は、2025大阪万博の会場となる夢洲に新設する夢洲駅の周辺開発について、大阪市が駅前施設などについて公費(市民の税金)を投入し整備する方針を明らかにしました(8月31日『大阪日日新聞』)。夢洲は、万博だけでなくカジノなどIR(統合型リゾート施設)予定地です。民間投資を見込んで事業者の公募を進めてきましたが、駅周辺の市有地を月額1259万円以上で借りる事業者の応募はなく、仕方なく公費で開発を進めることにしたのです。大規模開発とインバウンドに期待する維新の政策的破綻の現れです。

維新の吉村府政・松井市政は、菅、自公政権と同じようにコロナ対策ではなく医療費削減と公的病院の縮小・統廃合を進め、大企業の利益のために市民の税金を投じできました。

衆議院選挙は、市民の命と暮らしを破壊する自公政権と維新政治を根本から転換する、大切な選挙です。市民の力で勝利しましょう!

《 9月4日 山川よしやす 》

>>>ニュースの続きを読む

コロナ緊急何でも相談は
山川よしやす事務所へ

TEL: 06-6936-3073
メール:heiminnokaiosaka@gmail.com

上記までご連絡ください。
あきらめずに一緒に解決しましょう!

コロナ解雇・雇い止め、内定取り消し」など
緊急相談はなかまユニオンへお電話ください

TEL 06-6242-8130

新型コロナウィルスを理由とした会社の休業指示に対しては、
民法536条2項を根拠に100%の賃金補償を要求できます。
最低でも60%(労基法27条)の賃金補償は絶対です。

なかまユニオン(大阪市都島区東野田町4-7-26 和光京橋ビル304)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 山川よしやす All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.