市民が主人公の大阪に!みんなの力で変えていこう!

10.31団結まつりにて、山川よしやす(左)と具志堅隆松さん

秋も深まり、木々の葉が美しく色づいてきました。路地に落ちた広葉樹の葉を拾い上げると、その美しさに季節の移り変わりを感じます。朝夕は、気温も低くなりました。みな様ご自愛ください。

さて、衆議院選挙が終わりました。私たちは、『城東区を含む大阪府第4区では清水ただし候補(共産党)を、また第9区と比例区(近畿ブロック)では大椿ゆうこ候補と社民党』を支援しました。

全力を尽くしましたがお二人の当選は叶いませんでした。
お力を頂きましたみな様に、心からお礼を申し上げます。

市民と野党の共闘をもっと強く、大きく!自公・維新政治を変えていく決意を新たに!

岸田・自公が勝利したのではない

総選挙で自公与党は293議席を獲得し、新聞など大手メディアは、「自民単独過半数」「立民惨敗」「野党共闘不発」と論評して自公政権の勝利を強調しています。また議席を大きく伸ばした政権補完勢力・維新の41議席を併せると334議席となります。これは衆院で「改憲」発議に必要な3分の2議席(310/465)を超えています。岸田首相は総裁任期中の憲法「改正」を訴え、日本維新の会代表の松井氏(大阪市長)も無責任に、〝2022年参議院選挙にあわせ「改憲」国民投票をすべき〟などの発言を行っています。

しかしマスコミの意図的な論調に流され、暗澹(あんたん)たる気持ちで落ち込む必要はありません。選挙結果を冷静に分析してみると、岸田政権・自公が勝利したのではないということが分かります。自民党は議席を276から261に15議席減らしたのです。さらに甘利明幹事長(神奈川13区)、石原伸晃元幹事長(東京8区)ら党幹部が小選挙区で落選。甘利氏は、幹事長を辞めざるを得なくなりました。

自公政権への批判は、確実に存在しているのです。

市民と野党の共闘は大きな力を発揮

「野党共闘不発」も間違った評価です。市民の声と運動に後押しされ、9月8日に「市民と野党の共通政策の合意」が成立。それにより全国217の小選挙区で〝市民と野党の統一候補〟が実現し、与野党対決の中で多くの選挙区で勝利を勝ち取りました。東京など首都圏では、野党統一候補が小選挙区議席を2017年より4から8議席へと倍増させました。

また自民の小選挙区当選者の約2割・34人が、次点候補と得票率差わずか5ポイント未満で辛勝したことがわかりました(『読売新聞11月4日』)。当選した34人の内33人は野党統一候補と接戦に持ち込まれ、際どい票差で当選したにすぎません。さらに野党統一候補は全国31の小選挙区で、わずか1万票差で惜敗していた事実も明らかになりました。仮にこの31選挙区で勝利していたら自民は230議席となり単独過半数の233議席を割り込み、立憲は18議席増やして127議席に。これは比例選挙区にも連動した結果をもたらし、野党統一候補の議席はさらに伸び、全く違う状況になっていたのです。

選挙に「たら」「れば」はありません。しかし『市民と野党の統一候補』を生み出した市民の力をマスコミに乗せられ過小評価してはいけません。市民と野党の共闘の取り組みが大きな成果をあげたのは事実です。私たち市民は、既に全国の小選挙区で統一候補を擁立する実績を作りだしました。全国31の小選挙区で各1万ずつ統一候補への得票を上乗せし、投票率を3から5%増やすことができれば、『政権交代』に手が届く展望を手にしていたのです。

『市民と野党の共闘』は、今始まったばかりです。市民の運動をさらに強め市民と野党共闘をより一層強めていくことが、社会を変革する大きなエネルギーの源です。自信と確信を持ちましょう。

カジノではなくコロナ対策!維新を倒す市民の運動を!

「政権交代」を訴えた立憲民主党と日本共産党が議席を減らしました。これは日本維新の会が、自公政権への批判票をかすめ取り議席を大幅に増やしたことによるものです。「身を切る改革」を掲げ、自公を批判しているかのように見せかけ「改革」の仮面をかぶり続けた維新に「受け皿」として票が集まり、市民と野党共闘が議席を伸ばすことができなかったためです。

今回の選挙で、特に大阪では政党の立候補者調整の選挙戦だけでは維新に勝てないことも明らかになりました。市民と野党がともに闘う運動を強化し、多くの新しい市民(維新に騙され票をかすめ取られた市民、諦めを植え付けられている若者など)の参加で、大阪を変える運動の存在が必要になっているのです。

私たちは、既にその運動を経験しています。3・11福島原発事故以降の反原発運動は、政党の政策を変えさせました。安保法制・戦争法反対の運動は、国会前を埋め尽くしシールズなど若者の胎動を顕在化しました、そして大阪「都構想」住民投票では、市民対話と主権意識が維新を敗北へと追いやりました。政策を明示し、目的を持った市民運動の力で地域に主権者意識を育てていくことが必要です。

2022年7月参議院選挙、2023年大阪府知事選挙・大阪市長選挙、大阪府市議会選挙を見据え、大きな市民の運動を作り、維新を倒す展望を生み出していきましょう。

維新の進めるカジノ・大規模開発ではなく、「命と暮らしを守るコロナ対策・公的医療実現」「格差・貧困課題」「憲法改悪反対」などの運動を集めていく大きな取り組みを作り出しましょう。明るい未来を市民みんなで創る運動が、大阪を変えていく力になると考えています。

11月5日 山川よしやす

続きはこちらから読めます

大阪メトロの人員大幅削減についての説明会開催を大阪市会に要求する署名をお願いします。(締切11/26(金))

★2021.11.22陳情署名提出!
11.16メトロ合理化についての陳情報告

大阪メトロ(旧大阪市営地下鉄)は1000人もの人員を削減し、今里筋線の駅員1名体制や車掌なしのワンマンカーで市民の安全を脅かそうとしています。大阪市民に一切説明をしようとしないメトロに対して大阪市が責任をもって説明会の開催するように求める陳情署名です。ご協力お願いいたします。

オンライン署名はこちら

署名用紙はこちらからダウンロードできます。

コロナ緊急何でも相談は
山川よしやす事務所へ

TEL: 06-6936-3073
メール:heiminnokaiosaka@gmail.com

上記までご連絡ください。
あきらめずに一緒に解決しましょう!

コロナ解雇・雇い止め、内定取り消し」など
緊急相談はなかまユニオンへお電話ください

TEL 06-6242-8130

新型コロナウィルスを理由とした会社の休業指示に対しては、
民法536条2項を根拠に100%の賃金補償を要求できます。
最低でも60%(労基法27条)の賃金補償は絶対です。

なかまユニオン(大阪市都島区東野田町4-7-26 和光京橋ビル304)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 山川よしやす All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.