街路樹も葉を落とし、大阪でも急に冷たい風が吹きつけるようになりました。
新型コロナ感染症は、変異・オミクロン株が世界的に広がり始めています。どうぞお気をつけ下さいませ。
また『山川通信』を毎月お読みいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

大阪の未来は、私たち市民が決める!2022年春カジノの是非を問う住民投票を!

さて政府はオミクロン株拡大に伴い「水際対策」と「3回目のワクチン接種」を強調しています。しかしこれは従前の施策の延長でしかありません。必要なことは「徹底した検査と隔離」、そして「陽性者を適切な医療保護の下で治療できる充分な態勢確保」です。そのためにも「誰もが、いつでも、何度でも無料で受けることのできるPCR検査」体制の大幅拡充と、公的医療の再構築(保健所の各区設置、市立病院復活・増設、病床確保など)へ根本的な政策転換を求めていかなければなりません。

11月26日、中央要請行動を準備し東京に行ってきました。内閣府(コロナ対策署名提出)、厚生労働省(コロナ・介護対策)、防衛省(辺野古新基地軍事費削りコロナ対策)、国土交通省(カジノ反対)、経産省(反原発)など8省庁へ請願と交渉を行いました。岸田政権の基本姿勢がよく分かりました。敵基地攻撃能力の保持、GDP2%への際限なき大軍拡に税金投入。コロナ対策は、病院を作るのではなく臨時施設でごまかし、公的医療解体と病床削減を続けるというものです。

この流れは吉村大阪府知事、松井大阪市長も同様です。インテックス大阪に設置した臨時病床を「1000床確保」と大宣伝していますが、実は病院ではありません。常駐する医師・看護師などスタッフも十分ではなく重症者の治療にあたることはできません。維新は、IR・カジノに象徴される大規模開発に税金をつぎ込む一方で、「二重行政解消」を理由に公的医療を解体し続けています。この間の感染爆発によって医療崩壊・自宅放置で大阪のコロナ死者数が全国第1位となった政治責任を取ろうとしていないのが現実です。

カジノではなくコロナ対策を!

大阪では年末から年始にかけて、IR・カジノ誘致が本格的な問題となります。7月政府では、IR・カジノの区域整備計画のための審査委員会が開催され、10月から認定申請の受付が開始されています。現在大阪府市は、この審査委員会で審査を受けるため提出する区域整備計画の準備を進めています。山場となるのは来年2・3月の大阪府市議会。ここに区域整備計画案が提案され、議会承認を経て審査委員会に提出されることになります。これまでの世論調査では、「大阪IR誘致反対」が多数です。しかし大阪府市議会は維新が多数の議席を占めており、このままでは市民の誘致反対の意見は無視され、区域整備計画が可決される可能性が高いのです。

カジノ誘致には多くの問題があります。民間事業者負担としていますが大阪市の負担は夢洲埋め立て事業やインフラ整備など大きく膨れ上がり、巨額の支出は将来にわたり財政を圧迫。特にカジノ施設に提供される土地が売却ではなく賃貸契約とされたことにより、造成資金が回収できず一般会計からの補填が避けられない状況です。市民福祉サービスは必ず後退します。埋め立て地・夢洲という特殊事情から、地盤沈下、液状化現象、汚染土問題、環境破壊など多くの課題が浮上。南海トラフ地震(M8~9)の30年以内の発生確率は70~80%(2020年1月24日国土交通省)とされ、地震動・津波により「孤島」となる夢洲は防災上も命の危険を増大するリスクがあります。

維新は「成長」を振りかざし、外国人観光客などインバウンドに頼った経済発展を基本に、私たちの税金をグローバル資本の利益のための大規模開発に湯水のごとく投じています。これは間違いです。市民生活の豊かさや、地域経済の成長にはつながりません。特にカジノは国内の富を海外に移転させ、地域経済を破壊し治安の悪化を招くものに他なりません。コロナ感染一つとってみても観光需要の低迷で、投資資金の回収などできなくなることが分かりました。

11/26 資源エネルギー庁に対し、反原発要請行動。手前右は発言する山川よしやす、左は福島みずほ党首。

11/26 資源エネルギー庁に対し、反原発要請行動。手前右は発言する山川よしやす、左は福島みずほ党首。

カジノを問う住民投票へ!

今必要なことはカジノ誘致やそれに伴う大規模開発ではなく、コロナ対策です。公的医療・介護を再構築し、そこに若者が働く雇用を創出すること。その雇用創出を教育、保育、交通など幅広い分野へと拡大し、赤ちゃんから高齢者まで安心して暮らすことのできる大阪市を創造していくことです。

自公政権・維新を倒し、市民の命と生活を大切にする新しい政治への転換を、市民の力で創ることが必要です。多くの団体や市民のみな様との連携を強め、来春に『カジノ誘致の是非を問う住民投票条例直接請求署名』運動を立ち上げるため、全力を尽くします。みな様、一緒に明るい大阪の未来をつくっていきましょう。

=2022年への決意=

12月2日 山川よしやす

【報告❶】えぇっ~!市民の足、大阪メトロの大合理化計画?!あかんやろ!

市会へ陳情署名を提出する当会スタッフ

11月号の山川通信でお願いしました署名、たくさんの方からご協力ご返送いただき、ありがとうございました。

11/16と11/29に「メトロ合理化反対!市民説明会を求める」市会陳情署名を市会事務局に提出しました。

陳情署名 378筆+ネット署名348筆 合計:726

(残念ですがネット署名は、市会陳情としてはカウントされないとのこと。)

私たちが提出した陳情書(陳情第127号)の審査に当たっての大阪市の見解表明では、都市交通局長が「大阪市会・Osaka Metro・シティバス連絡会議は大阪メトロを事務局として3者で適宜協議して開催している」と木で鼻をくくった答弁でした。

これに対して、山中智子委員(共産党)は「378名の賛同署名もある。大阪市都市交通局の自らの主体性を発揮した監理のあり方が問われている。9月にも駅員1名体制の駅での訓練を拝見したが、とても大変であることを実感した。陳情書は連絡会議での傍聴を求めているが、市民がこれだけ関心を持っていることは喜ぶべきこと。プレスにオープンで市民にノーということは出来ない」などと追及。

それに対して大阪市都市交通局は「傍聴も可能と理解できる」と答弁。

◎11/30(火)の市会「都市経済委員会」を当会スタッフが傍聴した報告です。当会提出の「メトロ陳情」の取り扱いは、維新は「反対」、公明・自民は「継続審議」、共産は「賛成」となり、過半数に達したものがないので「継続審議」となりました。たくさんの署名の力で「継続審議」となりました。

署名と一緒に寄せられた皆さんの一言!

★民営化の末路はこうなる。
★地下鉄の運行をワンオペで行うとか、儲け重視で利用者の安全度外視。これが維新市政だよ。冗談じゃない。
★駅で誰かが倒れてもホームに助けてくれる人がいない。車掌さんさえ不在。ホラーのような大阪メトロになりそう。
★維新の身を切る改革の一つの例。市民の安全を削って万博利権かな。

【報告❷】11/21MDS大阪市集会 山川よしやす講演総選挙結果をどう見るか~日本社会変革の展望~

ZOOMも含め、100人以上の参加。

講演は、総選挙結果を分析。「市民と野党の共通政策(9/9合意)」に基づく「野党統一候補」は確実な成果を上げた(自民甘利氏、石原氏などの小選挙区落選)。維新の「身を切る改革」のウソを暴き、市民と野党の共闘の運動をより一層日常的に強化し、作り出していくことが大事と。

講演する山川よしやす(中央)

【報告❸】沖縄から基地建設反対の最前線で闘う9人が集結!ZENOスピーキングツアー

連続9日間 講演集会 大盛況!

スピーキングツアー直前の11/25ついに、玉城デニー沖縄県知事は辺野古新基地建設の「設計変更申請(沖縄防衛局)」に対し、「(調査が不十分として)不承認」とした。現場で闘うスピーキングツアーのゲストの講演は皆、あきらめず、粘り強く闘う意義と決意がみなぎった内容だった。12/5大阪集会参加者は集会の後、西梅田までデモし、『沖縄の闘いに連帯しよう!辺野古工事中止を求めるZHAP署名を拡げよう!』とアピールした。

どなたでもご参加下さい

1 水よう定例会 毎週水曜日 19:00~21:00 @山川よしやす事務所

・12/8(水)ZENKOスピーキングツアー集会(11/27~12/5)報告
・12/15(水)カジノの是非を問う「住民投票条例直接請求署名」について
・12/22(水)岸田政権の進める改憲・軍拡政策の危険性について
・12/29(水)年末でお休み(12/29~1/4山川事務所休み)
・1/5(水)2022年大阪府市のカジノ政策の中止を!

12月の土日会 12月25日(土)10:00~12:00
「メトロ合理化・カジノ誘致」の維新政策を斬る!
市民の命と暮らしを守る政策へ! @山川事務所

2 ご参加ください♪

➊ 12/11(土)全戸訪問 13:00集合 @ラグセンター
❷ 12/12(日)一斉街頭署名行動 17:00~18:00ZHAP・朝鮮戦争終戦署名 @京阪モール
➌ 防衛省への緊急抗議FAX(玉城知事の不承認支持、辺野古工事中止を!)にご協力を!
❹ ZHAP署名集め隊 募集!(当会での街頭行動や訪問行動へのご参加、またはご家族、知人へ呼びかけて集めるなど)
※山川事務所(06-6936-3073)へお問い合せください。

3 その他の取り組みなど

① 12/6(月)戦争あかん!ロックアクション 18:30 新町北公園 19:10デモ出発(御堂筋)
② 12/12(日)労働者への大弾圧を許さない 弾圧をはねのけろ 全国同時アクション
14:00 堀江公園(地下鉄四橋駅5号出口)集会&デモ
③ 12/20(月)「コロナ在宅勤務不払い裁判(松田さん)」第7回口頭弁論 14:30 @大阪地裁809号法廷
④ 12/31(金)おおみそか関電本店前アクション 18:00~22:00 @関電本店前(地下鉄「肥後橋」下車)《ZENKO関西は毎週金曜(19:00~20:30)「星空交流会」(@関電本店前)で関電への抗議行動を継続しています。》
⑤ 2022年1/1(土)10:00~12:00 労働組合つぶし許すな!元旦行動 府庁前教育塔広場

 ZENKO 実行委員会
12/12(日)14:00~16:00@LAGセンター2F(城東区蒲生1-6-21)

▸ZENKOの取り組みについて
▸ZENKOスピーキングツアーまとめ
▸沖縄ユース参加団について(2022.2.11~2.13)
▸各地域ZENKOの報告 など

2021年も残すところ、あとわずかです。
今年も当会の「山川通信」をお読みいただき、当会の取り組みへご協力下さり、大変有難うございます。
2022年が皆さまにとり幸多き年となりますように。

★コロナ緊急何でも相談は、山川よしやす事務所
TEL: 06-6936-3073
メール:heiminnokaiosaka@gmail.com
までご連絡ください。
あきらめずに一緒に解決しましょう!

★コロナ労働相談「解雇・雇い止め、内定取り消し、休業補償なし」など なかまユニオン
TEL:06-6242-8130
大阪市都島区東野田町4-7-26和光京橋ビル304

★いつも山川通信をお読みくださり、大変有難うございます。「平和と民主主義をともにつくる会・大阪」は年会員を募っています。(年会費:1,000円)
希望される方は配付スタッフまたは事務所まで。

◆SNSもごらんください

・Facebook「山川よしやすサポーターズ」 https://www.facebook.com/yamakawayoshiyasusupporter
・Twitter「山川よしやすサポーターズ」 https://twitter.com/yamakawayoshiya

LINE公式アカウントの「友だち」になってね!
友だち追加

★「山川通信」12月号全文を読む(PDFが開きます)★

2021年12月号

🔶山川よしやす事務所🔶
〒536-0008 大阪市城東区関目6丁目4-2
カサビアンカ関目103号室(関目小学校の南側)
・京阪電車 関目駅東口から徒歩5分程
・地下鉄今里筋線 関目成育駅から徒歩6分程
・地下鉄谷町線 関目高殿駅から徒歩10分程
・📞TEL:06-6936-3073
・Mail : heiminnokaiosaka@gmail.com