9月に入りました。汗ばむ日があるかと思えば、突然の豪雨で気温が低くなるなど、体調を崩しやすくなっております。みな様、くれぐれもご自愛ください。皆さま、熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さい。

市民の意思が菅政権を倒した!命・暮らし守らぬ自公政権・維新を衆議院選挙で倒そう!

菅、自民党総裁立候補選断念は自公政権の路線的敗北

菅首相は自民党総裁選挙の立候補断念に追い込まれました。9月末で任期を終え辞任することになります。総裁選を断念した理由は「コロナ対策に専念するため」とのことですが、これは衆議院選挙への影響を極力なくすための言い訳です。政権を放りだし、逃げたのです。これは菅氏個人の問題ではありません。本質的には菅、自公政権の路線的敗北です。コロナ対策に失敗したのです。市民の命と暮らしを守るのではなく、大企業の利益を優先し続けた菅政権に対する多くの市民の怒りと批判により、衆議院選挙による審判を待たずして政権維持ができなくなったことを意味しています。

菅内閣の支持率は、『朝日新聞』28%・『毎日新聞』26%と3割を下回り、直近の横浜市長選でも大敗北しました。不正・腐敗・政治の私物化を行い、市民をだまし続けた安倍首相が政権を放棄せざるを得なくなったことと同様です。マスコミは「ポスト菅」をめぐり、自民党総裁選にむけ岸田、河野、高市、石破、野田氏など取り上げ、〝市民が期待すること〟云々と報道していますが、これらは茶番です。結局、自民党という小さなコップの中での醜い権力争いに他なりません。自公政権の本質を見抜き、衆議院選挙で自公政権に引導を渡す時が来ました。

自民総裁選による政治空白は許されない!コロナ対策を進めよ

菅内閣の支持率激減の理由は、オリ・パラを強行開催しコロナ感染爆発から医療崩壊を招いたことへの強い批判の反映です。菅政権は科学的で有効なコロナ対策を何一つ行わず、医療崩壊によって自宅療養者(放置者)は11万8千人(8月27日厚生労働省)超へと急増。9月3日時点で全国の重症者数は2221人と過去最多を更新。医療崩壊は深刻化し、多くの市民の命が奪われています。

なぜこのようなことが起きているのでしょうか。それは安倍・菅政権や維新が、これまで推進してきた公的病院の縮小・統廃合政策を転換せず減らし続けているからです。政府は一貫して地域の少ない既存病院の「病床やりくりで対応せよ」といい続けています。一時的な財政出動で済む「ワクチン一本足打法」で、製薬会社には儲けさせますが、一番必要な公的病院の設置・拡充は継続的に財政出動が必要となるため言及せず実行しないのです。これでは何度「命と健康を守る」と繰り返したところで、結果は変わりません。

さらに菅政権は、ワクチン普及を前提に人流制限などを緩和する「ワクチン・検査パッケージ」なるものを打ち出しました。背景には6月に日本経済団体連合会の提出した要望書があります。「パッケージ」提案前日には、緊急事態宣言下でも「酒類提供可能」「イベント人数制限緩和」「GoToトラベル実施容認」などの行程表原案も発表されています。疲弊しきった経済を立て直すことは必要ですが、政府はこれまで何もしていません。10万円給付とマスク配布、飲食店を規制し罰金を科す私権制限を強化しただけです。今必要なことは、感染症対策の基本に立ち戻り、誰でも無料でいつでも何度でもPCR検査を受けられるようにし、陽性者を隔離し医療の下に保護できる医療施設の拡充と人員・機材を確保すること。そして休業を余儀なくされている中小企業や個人事業者に対して「協力金」ではなく『補償金』を支給することです。

菅政権は、4野党(立民・共産・国民・社民)の臨時国会召集要求に応じず、これを拒否しました。これは憲法53条に違反します。10月、新総理指名の臨時国会召集を待つことなく今すぐ臨時国会を召集し、コロナ対策に必要な補正予算を成立させるべきです。憲法違反を犯し権力を守ろうとする愚かな菅政権は、必然的に倒されたのです。

衆議院選挙で自公政権・維新を倒そう!

維新・松井市政は、2025大阪万博の会場となる夢洲に新設する夢洲駅の周辺開発について、大阪市が駅前施設などについて公費(市民の税金)を投入し整備する方針を明らかにしました(8月31日『大阪日日新聞』)。夢洲は、万博だけでなくカジノなどIR(統合型リゾート施設)予定地です。民間投資を見込んで事業者の公募を進めてきましたが、駅周辺の市有地を月額1259万円以上で借りる事業者の応募はなく、仕方なく公費で開発を進めることにしたのです。大規模開発とインバウンドに期待する維新の政策的破綻の現れです。

維新の吉村府政・松井市政は、菅、自公政権と同じようにコロナ対策ではなく医療費削減と公的病院の縮小・統廃合を進め、大企業の利益のために市民の税金を投じできました。

衆議院選挙は、市民の命と暮らしを破壊する自公政権と維新政治を根本から転換する、大切な選挙です。市民の力で勝利しましょう!

《 9月4日 山川よしやす 》

8/19(木)大阪市 健康局&福祉局との市民団体協議(2時間)実施!~コロナ対策を! 市民の声を届ける~

向こう側が当会、中央は発言する山川よしやす。

大阪市担当局から6人、当会からは17人が参加。

福祉局との協議の要点

・当会は3月城東区内の福祉施設へコロナアンケートを実施。その回答「感染防止対策費など経費は増え、利用者さんの利用控えで減収のダブルパンチで、経営厳しい」「PCR検査は従業員だけでなく、幅広く」などの声を4月の文書要請時にも伝えていた。
・今回、入所施設、通所施設従業員への定期PCR
検査が9月末終了方針について追及。
「やっと通所や訪問スタッフの私たちも検査できるようになり、安心して介護できるよう一歩進んだとスタッフ同士で喜んでいた。検査希望施設が少ないから打ち切ると言うが、ちゃんと担当局として広報されているのか、この感染爆発状況下で終了の判断はありえない」と強く抗議。
・担当者は「PCR検査の必要性ない」という判断は訂正し、再度継続も含め検討すると回答。
・協議に参加した介護福祉施設スタッフも多く、現場の声を直接届け、一歩前進することができた。

健康局との協議の要点

・第4波(特に4月下旬~5月中旬)の大阪の「医療崩壊」について。全国ワースト1位の死者が続いた大阪市の保健所体制の不備をどう検証し改善したのか追及。
・担当者も第4波に保健所からの連絡が滞り、900人余りの人を待たせ、自宅で亡くなる方が急増したことは「本当に申し訳なかった」と発言しつつ、その改善策「感染ステージに応じた疫学調査体制の充実」の内容は非常に場当たり的なものだ。
・専門職員の増員に努めるのではなく、畑違いの課の応援職員や、民間派遣で数合わせしようとするその場しのぎの場当たり的施策ではなく、24区の「保健センター」機能を強化し、地域の人々の感染状況や疫学調査に区ごとに責任を持てる体制に改革すべきと要請した。
(参考:大阪市270万人 阿倍野保健所1か所のみ。福岡市160万人 7か所の保健所。)
・ワクチンについては当会からは接種は義務ではなく本人の自由意志であることの明示や、民間会社のワクチン義務化圧力がある場合、行政として指導すべきと要請し、検討すると前向き回答も得た。
・ワクチン副反応が出ても、どこに相談すればいいのか、明示されていない不備も指摘した。

ZENKO in 大阪で決議された2つの署名行動

8/14署名行動終えて、スタッフ集合!

先月号4面でもお知らせしていました、7/24-25 ZENKO in 大阪の集いで2つの署名★辺野古新基地建設を今すぐ止める!アメリカDSAとともに ★朝鮮戦争を終戦させよう!韓国市民団体とともに)をみんなで取り組もうと決議しました。
当会も積極的に署名を呼びかけようと、8月14日と22日にスタッフ20数人で、京阪モールで取り組みました。

★辺野古の新基地建設を止める「ZHAP」(ZENKO Henoko anti-base Project/ZENKO辺野古プロジェクト)賛同署名は、具志堅隆松さん、奥間政則さん、元山仁士郎さん、山城博治さんなど、多くの沖縄の方が呼びかけ人になっています。
★オンライン署名もできます。(検索「ZENKO」)
★当会事務所(06-6936-3073)にご連絡くだされば、署名用紙お届けします。

どなたでもご参加下さい

1 水よう定例会 毎週水曜日 19:00~21:00 @山川よしやす事務所
・9/8 (水) 9/12(日)メトロ大合理化を問うシンポジウムの成功を!
・9/15(水) 9/10(金)厚生労働省緊急要請行動報告
・9/22(水) ZHAP運動、朝鮮半島終戦平和キャンペーンを拡げよう
・9/29(水) DSAの闘いに学ぼう
・10/6(水) 城東区、大阪市健康局にコロナ対策の転換を!
9月の土日会 ・9/25(土) 9/12メトロシンポジウム報告
10:00~12:00  @山川よしやす事務所

2 ご参加ください♪
〈1〉9/10(金)コロナ対策の抜本的転換を求める
ZENKO緊急 厚生労働省要請行動
12:00~17:00(13:30~15:30「厚生労働省要請交渉」)
※LAGセンター2F&山川事務所からリモートで交渉聞けます。

〈2〉9/12(日)「大阪メトロ1000人削減大合理化計画」を問う市民シンポジウム  参加協力券:500円
13:30~16:30 @ PLP 会館
(JR天満橋駅・地下鉄堺筋線扇町駅 下車5分)

〈3〉9/20(月・休)「自公・維新を倒そう!命と生活守れ!」御堂筋デモ
16:30~市役所前集会 17:30出発~西梅田公園

〈4〉9/26(日)MDS大阪市集会
「菅は打倒された!自公政権を衆院選勝利で完全に打倒しよう!
~対案は民主主義的社会主義~」(基調講演:山川よしやす)
14:00~17:00  @LAGセンター2F 参加費:500円

3 その他の取り組みなど
〈1〉9/17(金)住んでよかったまち大阪をつくる市民連帯集会
18:00~ @エルおおさか(エルシアター)

〈2〉9/30(木)D-TaC結成6周年集会 卒業式の主人公って誰?
18:30~ エルおおさか606 資料代:300円
◆記念講演:小芝英俊さん(元大阪市立小学校教員)
卒業式の主人公って誰? ~私たちは卒業式改革にこう取り組んだ~
◆ビデオメッセージ*大阪市立小学校校長・久保敬さん
~ なぜ「提言」を発したのか! ~

 

当会では、コロナ対策やPCR検査の拡充など、大阪市や城東区役所への要請行動などに取り組んでいます。
またデジタル法案についても各自治体が「個人情報」保護の仕組みを骨抜きにさせないため、団体協議や議会への陳情・要請などに取り組んでいます。
興味・関心のある方は当会まで

★コロナ緊急何でも相談は、山川よしやす事務所
TEL: 06-6936-3073
メール:heiminnokaiosaka@gmail.com
までご連絡ください。
あきらめずに一緒に解決しましょう!

★コロナ労働相談「解雇・雇い止め、内定取り消し、休業補償なし」など なかまユニオン
TEL:06-6242-8130
大阪市都島区東野田町4-7-26和光京橋ビル304

★いつも山川通信をお読みくださり、大変有難うございます。「平和と民主主義をともにつくる会・大阪」は年会員を募っています。(年会費:1,000円)
希望される方は配付スタッフまたは事務所まで。

◆SNSもごらんください

・Facebook「山川よしやすサポーターズ」 https://www.facebook.com/yamakawayoshiyasusupporter
・Twitter「山川よしやすサポーターズ」 https://twitter.com/yamakawayoshiya

LINE公式アカウントの「友だち」になってね!
友だち追加

★「山川通信」9月号全文を読む(PDFが開きます)★

2021年9月号

🔶山川よしやす事務所🔶
〒536-0008 大阪市城東区関目6丁目4-2
カサビアンカ関目103号室(関目小学校の南側)
・京阪電車 関目駅東口から徒歩5分程
・地下鉄今里筋線 関目成育駅から徒歩6分程
・地下鉄谷町線 関目高殿駅から徒歩10分程
・📞TEL:06-6936-3073
・Mail : heiminnokaiosaka@gmail.com