寒さなお厳しき折り、みなさまいかがお過ごしですか。コロナ感染症の急拡大は、私たちの暮らしに重い影を落としています。ウィルス感染は自然のなせる業ですが、これによって生じている危機は人災と言えます。市民が声を上げ、政治を変えることで感染急拡大を防ぎ、被害を減らすことは可能です。声を上げていきましょう。

緊急事態宣言はコロナ対策ではない!

菅政権は、コロナ感染症急拡大の中で緊急事態宣言を発令し延長を検討しています。しかしこの間の政府の動きは、特措法・感染症法の罰則付与と雇用調整助成金特例措置再延長のみです。21兆円の第3次補正予算が成立しましたが、コロナ感染拡大防止に直接充てられる予算はわずか4兆3581億円。一方、ポストコロナに向けGo Toトラベルの延長費用などを含む経済対策に約11.7兆円など充てており、必要な検査と医療態勢拡充のための予算措置が取られていません。

さらに菅政権は特別措置法及び感染症法に罰則を付与する改悪案の成立を狙っています。日本医学会連合、公衆衛生学会、日本疫学学会は、〝罰則による強制は検査を受けず、検査結果を隠ぺいする可能性を高め、かえって感染の抑止が困難になる事態を招く〟と厳しく批判。菅政権は罰則を刑事罰から行政罰に変更せざるを得なくなりましたが、犯罪者扱いすることに変わりはありません。罰則導入ではなく、感染しても入院できず自宅死する事態が生じていること、補償制度がない中で休業できない事業者の窮状を解決しなければなりません。

感染拡大防止のために、十分な検査体制・医療提供体制を構築すること、及び事業者への正当な補償の実現が必要です。 

全国の自治体に広がる独自コロナ対策

昨秋後半から、各地で介護、高齢者、医療などの施設を中心に、症状のない方を含めて一斉検査が拡大しています。

広島県は、感染が集中している広島市中心部の住民など80万人を対象にPCR検査を実施し感染者を早期に発見して感染拡大を防ぐ方針を明らかにしました。栃木・那須塩原市では、全ての市民を対象としたPCR検査を市が独自事業として開始。豊中市では無症状の満65歳以上の高齢者約10万人を対象に検査を実施。守口市など大阪府下8市で65歳以上の無症状で希望する市民の無料検査が検討され始めています。

また世田谷区や三島市、福岡市、北九州市などでは、スクリーニング(陽性者のふるい分け)を的確に進め早期の感染予防を進めるための社会的検査が認知され始めています。

大阪市の「高齢者施設職員2万人を対象に2週間に一度の検査」では全く不十分です。希望する人すべてにPCR検査を徹底して行い、陽性者を医療の保護のもとにおくことが必要です。これまでの症状が出てからPCR検査、濃厚接触者検査では感染を止められないという市民の要求が自治体行政を動かしてきています。

「東京より高齢化で死者が多い」のウソ維新はコロナ対策を最優先せよ!

1月29日現在、大阪府のコロナ感染症死亡者数は895人、10万人当たりの死亡率は10.1となり東京都を抜いて最悪の状況です(東京都:死亡者数847人、死亡率6.1)。吉村知事は、「高齢化が他都市より進み3世代同居率が高い。東京より高齢者施設が多い」と述べていますが、これは嘘です。

▸2015年総務省国勢調査
【60歳以上人口】東京都:373万828人、大阪府:280万9986人→大阪93万人も少ない。
【同居率ではなく同居数】 東京都:12万1249世帯、大阪府:11万1813世帯→大阪は約1万世帯も少ない。

▸2019年厚生労働省・社会福祉施設等調査
【高齢者等施設数】東京都2万803ヶ所、大阪府:2万1638カ所→しかし施設在住者数と利用者数を割り出して比較すると、東京都は95万5413人であるのに対して大阪府は87万2682人となり、東京の方が大阪よりも多い。《『リテラ』2021.1.27より》

つまり維新は、わざわざ高齢化率や同居率のみ示して意図的に「コロナ死亡数全国ワースト1」の言い訳の材料としたのです。大阪府・大阪市の感染症対策は全国でも大きく遅れています。

この様な状況であるにもかかわらず、大阪維新の会は相も変わらずコロナ対策ではなく〝都市制度いじり〟に奔走しています。吉村知事と松井市長は、住民投票で否決された大阪「都構想」の簡易版とする「広域一元化条例」を2月の府・市議会に提案し、公明党と一緒に採決を強行しようとしています。これは大阪市の事務を数千億円といわれる財源と一緒に大阪府に移管し、市民の税金をカジノなど大規模開発のために奪い取るものです。今、最優先すべきは、市民の命と健康、生活を守ることです。〝制度いじり〟ではありません。

1月25日と28日、大阪市と「コロナ対策・生活困窮」「カジノ・万博・IR・開発行政」「広域一元化条例・総合区」を議題に団体協議の場を持ちました。分かったことは、維新府市政はコロナ対策ではなく開発行政に重点を置いているということです。維新は市民の命と生活ではなく、グローバル資本・大企業の利益のための政治を推進する政党なのです。2月10日(水)、内閣府・厚生労働省・文部科学省へコロナ緊急対策を求める要請行動に取り組みます。また2月25日(木)には、『大阪市役所ヒューマンチェーン』を行います。どうぞご参加ください。市民の声を、菅政権、維新府市政に直接ぶつけ、命と暮らしを守っていきましょう。

《 2月1日 山川よしやす 》

広域行政一元化条例案の大阪市会提案をとめるために 2.25大阪市役所ヒューマンチェーンにご参加ください。

\現在650筆以上/

『広域行政一元化条例案』&「総合区」提案の撤回を求める署名

1月号の山川通信に同封させていただきました上記署名、たくさんの方々からご協力、ご返送いただきました。大変ありがとうございます。(2/5に『「一元化条例」&「総合区」を市会で勝手に決めるな』『制度いじりではなく、コロナ対策に力を入れろ』などの陳情6本と一緒に、集まった署名は大阪市会に一次提出します。

2月も引き続き集めて3月市会に提出する予定です。続けてのご協力お願いします。

🔸「広域行政一元化」条例案にパブコメ募集🔸(2021.1.29 「大阪日日新聞より」)

大阪府と市が「大阪都構想」に代わる都市制度として「広域行政一元化」条例案の大枠をとりまとめたのを受けて、府・市は、府民を対象としたパブリックコメント(意見公募)の募集を行っている。2月20日まで公募した上で条例案を正式決定し、府・市の両議会に提案する。可決されれば、4月1日から施行される。資料は、ホームページで公表しているほか、副首都推進局や市の各区役所などで閲覧できる。インターネット申請のほか、「意見提出用紙」で回答し、郵送やファクスで送付する。応募先は同局広域行政調整担当。

※一人でも多くの皆さんが意見を送りましょう※

★ネットでの申請は各自で申請を。
★郵送やFAXで送る場合は、当会で「意見提出用紙」を準備しました。ご活用ください。山川事務所にご連絡いただいたら、「意見提出用紙」をお届けします。
ご意見は2/15(月)までに山川事務所まで送っていただければ、当会で責任をもって応募先へ送ります

2日間 大阪市との市民団体協議を開催

★1/25(月)港湾局・建設局・都市計画局・IR推進局・健康局・福祉局と協議。
★1/28(木)副首都推進局・経済戦略局 と協議。

大阪市との市民団体協議のようす

向こう側右端が、追及する山川よしやす

山川よしやすと当会スタッフは、医療ひっ迫やコロナ死亡者全国一という大阪の現状に対し、コロナ対策が喫緊の課題として取り組まれず、11/1住民投票で否決された「都構想」と同じ「広域行政一元化」(=大阪市の財源2000億円と広域行政を大阪府へ)と「総合区」(=24行政区を8つの総合区へ)という大きな大阪市の制度変更を2・3月議会での賛成多数のみで決めようとしていることに、「おかしいではないか!」と市民の意見、要望、疑問をぶつけた。

市職員側は、「一元化」の具体的内容も提示できず、市民の切実な声に応えない姿勢を露呈した。

1/11「菅も維新も退陣だ!『都構想もどき』もオサラバ!新春デモ」

12/26「無事に年越しさせろ!御堂筋デモ」に続き、今年も年明け早々の1/11に「菅も維新も退陣だ!『都構想もどき』もオサラバ!新春デモ」を、当会とZENKOの呼びかけで行いました。寒風も吹き飛ばす熱気で、元気に御堂筋を市役所前から西梅田まで、道ゆく人々にアピールしました。

1/11御堂筋デモ。左端が沿道の声援に手をふって応える山川よしやす

どなたでもご参加下さい


1 よう定例会 毎週水曜日 19:00~21:00 @山川よしやす事務所

・2/3 (水)1/25・28大阪市との協議報告 2/10厚労省交渉に向けて

・2/10(水)市政だより&ふれあい城東読み合わせ 2月議会に向けて

・2/17(水)大阪市会に向けた取り組み 2/25ヒューマンチェーンなど

・2/24(水)生活保護についての学習会(講師に弁護士さん予定)

・3/3 (水)3月市会に向けた取り組み

2 みんな語ろう 土日会       @ 山川よしやす事務所

・2/21(日)10:00~12:00 一元化条例反対、大阪市会に向けた取り組み

 ご参加ください

『広域行政一元化条例』反対!否決された「都構想」と同じ! 議会で勝手に決めるな!

  • 2/25(木) 大阪市役所包囲ヒューマンチェーン

11:00~ 市役所前(南側)12:00~市役所を囲もう!

広域行政一元化条例案の大阪市会提案をとめるために 2.25大阪市役所ヒューマンチェーンにご参加ください。

  • 2/28(日) 城東区デモ「制度いじりでなくコロナ対策を!」

17:00~桜小橋交差点前公園 集会 17:30~デモ出発!

  • 城東区内各所で街頭行動、対話署名集め しています!

詳細知りたい&興味がある&ご協力いただける方は、ぜひご連絡ください。(山川事務所06-6936-3073 HP検索も)

2/10(水)菅政権のコロナ対策の抜本的改善を!厚労省・内閣府・文科省 緊急要請行動』 《呼びかけ:ZENKO》

*大阪のLAGセンター2F(城東区蒲生1-6-21)からリモート参加できます。(13:30~17:00 途中入場や退室は可能です。)

2・10 コロナ対策の徹底をもとめる「ZENKO中央要請行動」★指定場所でのリモート参加ができます

★ ZENKO 実行委員会 2/28(日) 14:00~@LAGセンター2F(城東区蒲生1-6-21)

ZENKO大会 in大阪〔7/24日(土)~25日(日)〕に向けての実行委です。

4 大阪での取り組みなどのお知らせ

🔸さよなら原発2021関西アクション―原発やめて!核燃サイクル中止!―
3月7日(日)12:30開場 13:00開演 エルおおさか大ホール
講演:樋口英明(元福井地裁裁判長)「原発を止める責任」
福島からの報告:武藤類子(福島原発告訴団団長)「フクシマの今」
青森からの報告:佐原若子(歯科医)「六ヶ所再処理の中止を」
月桃の花歌舞団・エイサー     デモ:16:00 西梅田コース
一般:前売800円 当日1000円 障がい者・学生:前売400円 当日500円 避難者、高校生以下は無料
主催:さよなら原発 関西アクション実行委員会

案内→http://www17.plala.or.jp/kyodo/
チラシ→http://www17.plala.or.jp/kyodo/20210307.pdf

コロナ緊急何でも相談は、山川よしやす事務所
TEL: 06-6936-3073
メール:heiminnokaiosaka@gmail.com
までご連絡ください。
あきらめずに一緒に解決しましょう!

★コロナ労働相談「解雇・雇い止め、内定取り消し、休業補償なし」など なかまユニオン
TEL:06-6242-8130
大阪市都島区東野田町4-7-26和光京橋ビル304

★いつも山川通信をお読みくださり、大変有難うございます。「平和と民主主義をともにつくる会・大阪」は年会員を募っています。(年会費:1,000円)
希望される方は配付スタッフまたは事務所まで。

◆SNSもごらんください

・Facebook「山川よしやすサポーターズ」 https://www.facebook.com/yamakawayoshiyasusupporter
・Twitter「山川よしやすサポーターズ」 https://twitter.com/yamakawayoshiya

LINE公式アカウントの「友だち」になってね!
友だち追加

★「山川通信」2月号全文を読む(PDFが開きます)★

2021年2月号 第71号

🔶山川よしやす事務所🔶
〒536-0008 大阪市城東区関目6丁目4-2
カサビアンカ関目103号室(関目小学校の南側)
・京阪電車 関目駅東口から徒歩5分程
・地下鉄今里筋線 関目成育駅から徒歩6分程
・地下鉄谷町線 関目高殿駅から徒歩10分程
・📞TEL:06-6936-3073
・Mail : heiminnokaiosaka@gmail.com