2021年、コロナ危機が深刻化する中での年明けとなりました。

みな様、お元気にお過ごしでしょうか。年末・年始と山川事務所でも生活相談に取り組みました。お困りごとなどございましたら、どうぞご連絡ください。

厳しい時代であるからこそ、誰ひとりとして取り残されることなく安心して生きていける社会を、市民の力で作りだしていくことが求められています。みな様とともに格差と貧困をなくし、平和で民主主義に貫かれた社会を作るため、今年も全力を尽くしてまいります。

よろしくお願い申し上げます。

命を奪い生活を破壊する維新政治を終わらせよう!コロナ対策を最優先せよ!「広域行政一元化条例」「総合区」はNO!

コロナ危機に直面する大阪

大阪府の新型コロナ感染状況は、1月4日現在で感染者数3,976人(累計感染者数31,058人・死亡者数612人)となりました。しかし大阪府市はPCR検査実施の医療機関は少なく、十分な病床もありません。癌診療・生活習慣病・周産期医療など18診療科を持つ地域医療の拠点であった十三市民病院は、松井市長が現場の意見を聞かないままコロナ中等症病院へ転換したため、医師看護師などスタッフ約30名が退職。都島区の市立総合医療センター癌患者専用病棟を閉鎖し、看護師15人を代用派遣しなければならないという事態を引き起こしました。また大阪府内救命救急センターは、コロナ対応により重症患者向けの病棟を閉鎖。大阪赤十字病院も癌の緩和ケア病棟を閉鎖。大阪コロナ重症センターは、必要な看護師が80人も不足といった厳しい事態が報道されています。

コロナ以前に進められてきた医療切り捨て

この様な大阪の医療危機の背景には、維新による医療切り捨て政策があります。2008年に誕生した橋下府政以降、維新によって公的医療の解体が「二重行政の廃止」の名のもとに急速に進められてきました。

維新は、府立病院と市立病院を統廃合し民営化を推進。市立住吉市民病院を廃止。大阪赤十字病院補助金や千里救命救急センター補助金を廃止。公的支援を削減され資金難に陥った大阪母子医療センターは新生児搬送用専用保育器の購入資金をクラウドファンディングで呼びかけ。大阪府医師会看護専門学校は、府市の補助金打ち切りにより2022年3月に閉校へ。大阪府の保健所職員は、2007年・748人から2019年・506人へと12年間で3割以上も削減されました。

大阪の公的医療は、コロナ危機以前に政府、維新によって、既にズタズタに破壊されていたのです。

コロナ対策に全力を注がない維新

新年も吉村知事や松井市長が連日テレビに出演し、「やってる」感を演出しています。医療崩壊の危機を作りだした維新が、その責任に触れることなく「自粛」「成長」「二重行政解消」など我が物顔でしゃべりたい放題ですが、現在もコロナ対策の実態は他の自治体と比べ、極めて不十分です。

たとえば大阪市のPCR検査体制強化のための補正予算はわずか5750万円。神戸市10.7億円と比してその1/18という酷い有様です。

維新は、昨秋コロナ感染症拡大期に大阪「都構想」実現に奔走し、コロナ対策を講じてきませんでした。大阪市の感染者数が全国最多水準に達し、死亡率全国ワースト1となった責任は維新府市政にあります。松井市長は昨年の住民投票の時、〝「都構想」で4つの特別区になったら(現在1カ所しかない)保健所を4ヶ所に設置〟と述べていましたが、否決されると手のひらを返すように「白紙」としました。維新は、「都構想」実現のためにコロナ危機を政治利用しただけで、本気で保健所を増設する考えはなかったということです。

政令市である大阪市には、保健所を増設する権限があります。事実、大阪市よりも人口の少ない福岡市(約160万人・7区)には、全区に計7ヶ所の保健所があるのです。 

広域行政一元化条例・総合区ではなく、コロナ対策を!

昨年11月1日、大阪市廃止の賛否を問う住民投票で大阪「都構想」は否決されました。ところが松井市長と吉村知事は、この結果を軽んじ今度は2月議会で「広域行政一元化条例」と「総合区」導入を進めようとしています。これらは大阪市の約430の事務を2000億円といわれる財源と一緒に大阪府に移管するという内容で、住民投票で否決された大阪「都構想」と同質のものです。維新はこれを条例によって採決、復活させ、市民の税金をカジノなど大規模開発のために奪い取ろうと画策しているのです。

しかし今大切なことは大阪市の〝制度いじり〟ではなく、コロナ対策です。大阪市は一刻も早くコロナ感染症拡大を防ぎ、十分な医療を提供する責務があります。コロナ解雇、失業と生活困窮、倒産・廃業など多くの課題に直面し、困難な生活を余儀なくされている市民を救うことが最優先されなければなりません。しかし、これは維新にはできません。愚かな維新には、その意志もなく、目の前でコロナ危機に苦しむ市民の姿は見えていません。

2021年、私たち市民が政令市である大阪市の大きな権限と財源を徹底して市民のために使う改革を進めるときです。みな様、ともに立ち上がり大阪市からこの日本の社会を変えていきましょう。

「府市一元化条例」と「総合区」案は住民投票で否決された「都構想」の簡易版 おかしいやろ!

昨年11月1日の住民投票は、大阪市民の皆さんは一人一人が真剣に悩み、考え、選択し投票行動されました。そして、総意として維新府市政の進める「都構想」=「大阪市廃止」は1万7167票、反対が賛成を上回り、否決されたのです。

9/3に大阪市会で協定書が可決され、住民投票が本格的に決まった時の世論調査では、「賛成」が「反対」を10ポイント上回る結果でした。色々な市民団体や個人の皆さんがそれぞれ創意工夫されて、SNS発信や、街頭宣伝など2か月間頑張りぬいて、大阪市の廃止・解体を止めさせたのです。私たち山川会も、スタッフ全員11/1の午後8時の投票締め切りまでやり抜いての勝利を、皆で喜び合いました。

ところが、11/5には「大阪市を残すなかで二重行政をなくすことが今回示された民意だ」と、吉村知事と松井市長は、住民投票結果の民意を捻じ曲げ、今度は2月議会で「条例」のみで、住民投票で否決された、大阪市の権限・財源を府が奪う(万博、カジノなど大型開発投資にあてる)ことを公言しているのです。

住民投票の時のように、大きな怒りの民意で維新の「都構想の簡易版」をストップさせたいと、12月山川通信(カラーチラシ)で、私たちはそのことを訴えました。カラーチラシをご覧になった方から、当会に「署名に協力したい」と来訪やTELでの嬉しい声も多数いただいています。

その一部を紹介します↓

 

★★緊急署名にご協力ください!★★
『広域行政一元化条例案』&「総合区」提案の撤回を求める署名

大阪市会(2・3月定例会)の開催期間《2月10日(水)開会~3月26日(金)

2月5日(金)が、請願・陳情の1次締め切り

1月中に市民の皆さんに広く訴え、維新と公明議員の多数の暴挙を許さない世論を大きく作り、署名や陳情の積み上げで市民の直接の声を市会に届けます。

【請願項目】

  1. 大阪市は制度設計論議ではなく、コロナ対策や住民サービス向上など本務に尽くせ。
  2. 「広域行政一元化条例」と「総合区」提案を撤回せよ。2月議会に提案するな。
  3. 「住民投票」の結果を重んじ、松井市長は即時辞任すること。大阪市会(2・3月定例会)の開催期間《2月10日(水)開会~3月26日(金)

※署名用紙は、当会にご連絡いただければ、切手不要の封筒と一緒にお届けいたします。

どなたでもご参加下さい

1 水よう定例会 毎週水曜日 19:00~21:00 @山川よしやす事務所
・1/6 (水) 行政いじりをやめて、コロナ対策を!
・1/13(水) 都構想の焼き直し提案するな!請願&陳情や議員要請
・1/20(水) 一元化条例や総合区提案するな!署名を拡げる方針
・1/27(水) 大阪市との協議&コロナ対策大阪市要請

2 みんなで語ろう 土日会    @ LAGセンター2F
・1/16(土)10:00~12:00 一元化条例・総合区反対の世論を拡げよう

 ご参加ください

★1/29(金)『菅政権のコロナ対策の抜本的改善を!厚生労働省・経済産業省 緊急要請行動』 《呼びかけ:ZENKO》

★1/25(月)・28(木)大阪市との『市民団体協議』 《呼びかけ:山川会》

カジノや大型開発ではなく、コロナ対策を!午前中2時間協議します。(日程は予定) 

★ ZENKO 実行委員会

/31(日)14:00~@LAGセンター2F(城東区蒲生1-6-21)
ZENKO大会 in大阪〔7/24日(土)~25日(日)〕に向け、スタートの実行委です。

4 大阪での取り組みなどのお知らせ

🔸1/16(土)中村哲さんの意志を引き継ぎ世界の平和をめざそう!
特別報告:「アフガン最新現地報告」西谷文和さん
講演:藤田千代子さん
(この集会は、7/11(日)に延期になりました。)

🔸1/24(日)関電よ 老朽原発うごかすな!大集会
13:30~開会 @関電本店前(集会後 西梅田公園からデモ)

🔸1/31(日) 月桃の花歌舞団 大阪公演「ガマ人間あらわる」
14:00~開演 @剣先公園・中之島公園内バラ園東側

・10/18(日)原発も核燃もいらん!2020関西集会

コロナ緊急何でも相談は、山川よしやす事務所
TEL: 06-6936-3073
メール:heiminnokaiosaka@gmail.com
までご連絡ください。
あきらめずに一緒に解決しましょう!

★コロナ労働相談「解雇・雇い止め、内定取り消し、休業補償なし」など なかまユニオン
TEL:06-6242-8130
大阪市都島区東野田町4-7-26和光京橋ビル304

★いつも山川通信をお読みくださり、大変有難うございます。「平和と民主主義をともにつくる会・大阪」は年会員を募っています。(年会費:1,000円)
希望される方は配付スタッフまたは事務所まで。

◆SNSもごらんください

・Facebook「山川よしやすサポーターズ」 https://www.facebook.com/yamakawayoshiyasusupporter
・Twitter「山川よしやすサポーターズ」 https://twitter.com/yamakawayoshiya

LINE公式アカウントの「友だち」になってね!
友だち追加

★「山川通信」12月号全文を読む(PDFが開きます)★

2021年1月号 第70号

🔶山川よしやす事務所🔶
〒536-0008 大阪市城東区関目6丁目4-2
カサビアンカ関目103号室(関目小学校の南側)
・京阪電車 関目駅東口から徒歩5分程
・地下鉄今里筋線 関目成育駅から徒歩6分程
・地下鉄谷町線 関目高殿駅から徒歩10分程
・📞TEL:06-6936-3073
・Mail : heiminnokaiosaka@gmail.com