暦の上では立秋を過ぎておりますが、まだまだ暑い日が続きます。日中、外出するとコロナ感染症対策のマスクに汗が染み、息遣いも荒くなります。
みな様、くれぐれもご無理のないようお過ごしくださいませ。

安倍政権は打倒された!!「都構想」ではなくコロナ対策を!

安倍首相の辞任は、「アベ政治」の破綻(はたん)

8月28日、安倍首相は辞任を表明しました。辞任の理由は、持病である潰瘍性大腸炎の悪化とされています。しかしこれは間違いです。安倍政権はコロナ危機の中でPCR検査を抑制し医療整備を怠ってきました。実態的な休業強制に対し自治体任せの微々たる「協力金」は出しても補償は一切無し。市民への10万円給付や各種給付金の支給が遅れる一方、電通など民間丸投げの給付事業で大儲けする大企業。科学的根拠のない全国一斉休校やアベノマスク、感染拡大のGoToキャンペーンなど、その政策はめちゃくちゃでした。コロナ危機によって、市民の命と健康、生活をないがし蔑ろにし、一切責任を取らぬ「アベ政治」の本質が誰の目にも明らかとなった結果、内閣支持率は激減しました。安倍政権は、支持を得られずはたん破綻したのです。市民の運動と世論の前に〝打倒された〟とすることが正しい評価であるといわなければなりません。

辞任表明当日、マスコミは一斉に〝市民の反応〟を報道。街頭インタビューの多くは意図的に、「経済に強かった。もっと続けてもらいたかった」「体調悪化が以前から言われていた」「心配だ、静養を」と、安倍首相が自ら語った辞任理由を後付けするものばかり。辞任の本質を誤魔化すことに終始しました。これは自民党政権の権威失墜のダメージを少しでも減らし、次期政権でも「アベ政治」路線を継続していくための世論操作です。

グローバル資本のための政治を終わらせよう!

首相在任7年8か月、安倍政権は「アベノミクス」によるグローバル資本の利益を徹底して追求するための政治を進めてきました。法人税減税、金融緩和を行い、私たちの年金資産まで投じて株価をつり上げた結果、大企業は潤い463兆円もの内部留保(企業が溜め込んだお金)を蓄え、富裕層は使いきれないほどのお金を手にしました。一方、私たち市民に対しては、2度にわたる消費税増税と社会保障の切り捨てにより生活悪化を押し付けました。労働者保護法制を破壊し非正規・低賃金の不安定雇用を増やし、実質賃金は4.4%も減っています。格差と貧困は深刻化し、若者の希望を奪い、高齢者や社会的弱者が生きていけない国、日本を作りだしてきたのです。

また安倍政権は、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定から「戦争法」を制定し、自衛隊が海外で武力行使を行えるようにしました。毎年5兆円を超える軍事費を投じて軍備を拡大し、沖縄・辺野古新基地建設の強行など、戦争国家作りを進めてきました。「秘密保護法」や「共謀罪法」の制定も、民主主義の原則を破壊するものでした。

「安倍一強」は、国会(立法)を軽視し、司法を支配し、忖度と腐敗の行政を生み出しました。安倍首相は、「森友・加計疑獄」「桜を見る会」「検事長定年延長」「カジノ疑獄」「閣僚の公職選挙法違反」など、自身が関係する問題の追及から逃げ続け、辞任によりこれらを闇に葬り去ろうとしていますが、許してはなりません。

マスコミはこぞって「次期総裁選」に焦点を当て、政局と総選挙の話題を作っています。しかし今大切なことは、「アベ政治」と安倍首相を断罪することで、次期政権の座に誰がつこうとグローバル資本・大企業のための政治路線を継続させない力を作りだすことです。

市民の意志により〝倒された安倍政権〟の次は、社会の根本的変革です。格差と貧困を生み出す新自由主義ではなく、命と健康を守り、医療・介護・福祉・教育が基本的人権として保障される新しい社会の在り方を求めていかなければなりません。

大阪「都構想」ではなく、コロナ対策優先!

大阪維新の吉村知事と松井市長は、コロナ対策よりも大阪「都構想(大阪市廃止・4つの「特別区」に再編)」の是非を問う『住民投票』を実施しようとしています。私たちはこれを認めることはできません。

現在の計画案は、コロナ危機による大阪市の税収の落ち込みを考慮した財政シミュレーションを行っていません。仮に「特別区」へ移行した後、財政状況の悪化で現行の市民サービスができなくなる可能性が大きいのです。また市民に「都構想」の内容が十分周知されてはいません。さらに11月に住民投票を実施した場合、高齢者や基礎疾患のある方の投票行動による感染リスクは高く、民意を反映できるのかという問題もあります。

吉村知事は、府議会で「大阪モデルの赤信号が点灯しただけでは都構想住民投票は延期しない」と述べています。住民の命と健康を守るべき立場にある首長としては、許されざる暴言です。維新政治の本質は、安倍政権と同じです。グローバル資本の利益と大企業の「成長」を優先しています。大阪に暮らす私たち市民の声が届いていません。「住民投票ありき」の維新に対し、〝「都構想」よりもコロナ対策優先〟の声を突き付けていきましょう。

9月1日 山川よしやす

なんで今やるねん?!「都構想」=大阪市廃止!

8/28「府議会」協定書 議決/9/3 「市会」協定書 議決

前号の山川通信で報告しましたが、当会スタッフ10数名は、7/15東京へ行き総務省担当官と2時間交渉を持ち、「協定書」(案)の問題点を指摘し「差し戻し」とすべきと要望した。しかし、総務省は7/28「特段の意見はない。」と法定協議会に回答。

8/14(金)大阪市会に54本の「陳情書」提出!

当会からの呼びかけに、たくさんの方が「都構想を決めるな!」「コロナ対策など緊急の課題を!」と協力くださり、54本の「陳情書」を出しました。「陳情書」の一部を紹介します。

介護保険が心配。現在の社会福祉協議会はなくなる。介護保険は「一部事務組合」が請け負い、特別区独自の施策はできない。介護保険料は高くなり、介護サービスは切り下げられるだろう。「大阪市の方が良かった」となるのは時間の問題だろうが、決まると制度的に「大阪市」に戻ることはできない。

前回住民投票に32億円近くの税金が使われた。今回の費用の詳細を明らかにすべきだ。また都構想移行に必要な費用も明らかになっていない。その費用をコロナ対策や、生活補償に回すべきだ。

新型コロナで先行き不安な中、急なトラブルなどが起こりかねないこのタイミングで、都構想というバクチに打って出るのがどれだけ危ういことか、お解かりでしょうか?

8/11に府市が2020年度当初予算を前提にした新たなシュミレーションを公表し、いずれの特別区も収支不足にならないと結論づけたが、肝心の新型コロナの影響による税収減は「想定が困難」として、反映されていない。こんなおかしなことはとうてい納得できない。

83人の市議全員にTEL要請! 陳情書を提出したこと、都構想はおかしい、決めないで、コロナ対策を優先に!と要請。

8/18(火)大阪府議会&大阪市会の開会日に「都構想論議の中止を!」と朝と昼に1時間ずつ府庁舎&市庁舎前で情宣行動!

8/18大阪市会開会日の大阪市役所前昼情宣行動。「都構想を勝手に決めるな~!」とみんなでコール!

8/28(金)府議会採決反対!と府庁舎前で「市民交流会」と一緒に抗議行動(12時~14時半)

8/28府庁舎前。メディアも注目!
マイクアピールする山川よしやす。

9/2(水)-9/3(木) 大阪市廃止阻止『大阪市役所&24区役所前 同時アクション』


9/3大阪市役所前。座り込むスタッフたち。
メディアのカメラマンが
パシャッ!

★9/1(火)午後、都構想に反対する「市民交流会」で記者会見を持ちました。(その夕方NHK17時のニュースで放映)

★9/2(水)夕方の駅頭を含む、9/3(木)午前~お昼に24区役所前での「都構想は大阪市の消滅!市民にとってメリットなし」というチラシを配り、都構想は大きな問題ありと、のべ200人ほどのスタッフで情宣しました。

★9/3(木)大阪市役所前では、8:30~19:00まで一日中座り込み、マイクアピールで市職員や道行く人々に訴えました。9/4(金)付の「大阪日日新聞」や「朝日新聞」で私たちの取り組みが報道されました。市民は採決を認めない、異議ありを広く示しました。

どなたでもご参加ください!

1 よう定例会 毎週水曜日19:00~21:00 @山川よしやす事務所

・9/9 (水) 都構想でなく 市民の暮らし

・9/16(水) 都構想でなく 災害対策

・9/23(水) 都構想でなく 雇用対策

・9/30(水) 都構想でなく 教育・子育て対策

2 みんなで語ろう 土日会    @山川よしやす事務所

・9/13(日)14:00~16:00 都構想でなく コロナ対策

・9/26(土)10:00~12:00 都構想でなく 高齢者対策

 ご参加ください

8/28府議会&9/3市会での採決により、「都構想」の賛否を問う住民投票」(11/1予定が決まりました
「都構想にもう一度NO!」を!
★城東区の街頭で都構想NO!宣伝アクション やります!
参加ご希望の方、知人・近所に拡げたい方
ご連絡ください。(山川事務所06-6936-3073 HP検索も)

★大阪こわすな!「都構想」NO!御堂筋デモ
10/3(土)「都構想 NO!」御堂筋デモ
13:00中之島水上ステージ 14:00デモ出発(→難波へ)

9/20(日)『今こそ、民主主義的社会主義の実現を!MDS結成20周年集会』
13:00~16:30(受付:12:30~)
大阪市立東淀川区民ホール(東淀川区役所3F)

★ ZENKO 実行委員会
9/27(日) 14:00~17:00@LAGセンター2F(城東区蒲生1-6-21)
①ZENKO全国実行委
②ZENKO関西実行委
団結まつりについて

4 取り組みなどのお知らせ

・9/19(土)「月桃の花」歌舞団 京都公演「ガマ人間あらわる」
17:30~ @京都円山公園野外音楽堂
大人:2000円
(学生・非正規など1000円)

・10/18(日)原発も核燃もいらん!2020関西集会 
映画:「我が友・原子力」 13:40~@ドーンセンターホール
講演:小出裕章「再処理工場の大事故」   1000円
主催:脱原発政策実現全国ネットワーク関西・福井ブロック

コロナ緊急何でも相談は、山川よしやす事務所

TEL: 06-6936-3073
メール:heiminnokaiosaka@gmail.com
までご連絡ください。
あきらめずに一緒に解決しましょう!

★コロナ労働相談「解雇・雇い止め、内定取り消し、休業補償なし」などなかまユニオン

TEL:06-6242-8130
大阪市都島区東野田町4-7-26 和光京橋ビル304

◆年会員を募っています

いつも山川通信をお読みくださり、大変有難うございます。
「平和と民主主義をともにつくる会・大阪」は年会員を募っています。
(年会費:1,000円)
希望される方は配付スタッフまたは事務所まで。

◆SNSもごらんください

・Facebook「山川よしやすサポーターズ」 https://www.facebook.com/yamakawayoshiyasusupporter
・Twitter「山川よしやすサポーターズ」 https://twitter.com/yamakawayoshiya

LINE公式アカウントの「友だち」になってね!
友だち追加

★「山川通信」8月号全文を読む(PDFが開きます)★

2020年9月号 第66号

🔶山川よしやす事務所🔶
〒536-0008 大阪市城東区関目6丁目4-2
カサビアンカ関目103号室(関目小学校の南側)
・京阪電車 関目駅東口から徒歩5分程
・地下鉄今里筋線 関目成育駅から徒歩6分程
・地下鉄谷町線 関目高殿駅から徒歩10分程
・📞TEL:06-6936-3073
・Mail : heiminnokaiosaka@gmail.com