大阪市議会選挙で初めて立候補した私、山川よしやすと「平和と民主主義をともにつくる会・大阪」の政策に大きな期待を寄せてともに闘っていただいたことに心から感謝を申し上げます。
心機一転、これをスタートに新しく知り合うことのできた多くの同志・支援者の皆様とともに、平和と民主主義に貫かれた大阪市、そして社会をつくりだしていくために全力を尽くして闘うことを決意しております。
地域の地盤がまったくないところからのスタートでした。既成の政党がすべてを占める大阪市議選に置いて、無所属市民派が立候補し闘うという困難さはありましたが、1,668票を獲得した意義は限りなく大きな可能性をつくりだしたと考えています。大阪都構想への反対世論を広げ、更に拡大していける確信を選挙を闘ったみんなのものとして手にしたのです。傍観者ではなく闘いぬいたことで世論を変える大きな力となり、住民投票で勝利し、「大阪都構想」を葬り去る展望を城東区からつくり出したのです。
安倍政権・橋下維新の「改憲・戦争・原発・貧困」路線を転換し、「大阪都構想」を許さない!闘って情勢を変え、ダイレクトに地域を変革する恒常的な取り組みを新たな闘いとして開始しましょう!

2015年4月
山川よしやす